五反田のデリヘルに足を運べばブラック企業で働く社畜な子羊にも癒しをあたえてくれるハイグレードな女神がいました

五反田のデリヘルに見事にハマってしまった社畜な僕

デリヘル通の社畜

デリヘルの風俗嬢と社畜のメンヘラ事情

投稿日:2015年12月2日 更新日:

デリヘル嬢には病む子が多いらしい

デリヘルでも働く女の子たちはとにかく病むことが多いとよく聞きます。

こんな社畜でも、何度か通っている笑顔の絶えない品川のお気に入りのデリヘルの子でも『たまには病むよ?』なんて笑顔で話してくれたこともあります。

思わずその笑顔のどこから『病む』ということが想像できようか!なんてツッコんでしまいましたがw

その笑顔の裏側には意外とシビアなデリヘルの世界が隠れているものらしいです。

デリヘルの風俗嬢と社畜のメンヘラ事情

ただ、人のことばかりも言っていられないのが僕たち社畜の世界。ずっと仕事を続けていくうちに『うつ』状態になってしまうこともあるのがブラック企業の特徴でもありますが、実は天候に左右されているものもあるというのです。

デリヘル嬢の中にもよくいる、天気が悪いと病むという子。確かに骨折したり、昔やんちゃをしていてできた古傷なんかは雨が降ると疼くなんてのはよく聞きますが、正直ウソだろうと思っていたのですが、これが身内ともなれば話が変わってきます。

これは正しくいうと、天気ではなく気圧の上下で自律神経が乱れて体調に変化が起きてしまうようです。

デリヘル嬢には病む子が多いらしい季節の変わり目や、梅雨時期ともなれば症状が悪化してだるすぎて起き上がることもできないというもの。

原因はわからないけれどなんだか疲れるとか、寝れないといった不眠もあるのです。これが天気痛というもの。

お気に入りのデリヘル嬢もこの天気痛らしいのですが、天気の悪い日でもそんなに辛そうではない。

治ったわけではなく、実は『酔い止め飲んでるの?』らしいです。

というのも、耳の一番奥にある『内耳』が気圧の変化によって影響をうけるため症状がでるのです。

これを和らげるのが酔い止めなんですね。

天気の変化とともに起き上がれないほどの症状が出るときは天気痛を疑ってみましょう。

ただし、それが必ずしも天気のせいとは限りませんよ、社畜である限りねw

自由に出勤してしっかり稼げるのはデリヘルには美人が揃っているからですね。

-デリヘル通の社畜

Copyright© 五反田のデリヘルに見事にハマってしまった社畜な僕 , 2017 AllRights Reserved.